人気ブログランキング |

<   2016年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

1月のフォト・・冬日

b0168536_9533787.jpg
b0168536_9551038.jpg
b0168536_9554259.jpg
b0168536_9572429.jpg
b0168536_9585151.jpg

by pompolona | 2016-01-25 10:06 | 写真 | Comments(0)

江戸押絵羽子板

New Yearの9日、伝統工芸「江戸押絵羽子板」の実演があるという
ので江戸東京たてもの園へ行ってみた。

押絵と羽子板は元々は別の道を歩んできたのだそうだ。
押絵・・ボール紙に綿を詰めて布で包んだ技法で、古来宮中の女官
公卿方の奥向きで衣類の残り布を材料にして、襖や屏風・香箱に装
飾として用いられたもの。

羽子板・・1433年(永享4)正月御所において宮様や公卿・女官が
紅白に分かれて羽子板遊びをしたという記録が室町時代の書物にあ
って、女児出生の際は初正月に羽子板を贈り子供の健やかな成長を
祝う風習があった。

押絵と羽子板の融合は、1804~30年(化政時代ごろ)最大の娯楽
であった歌舞伎が全盛期を迎え人気役者は押絵技法の羽子板で制作
されたのが始まり。
大胆な構図で表現される押絵羽子板の人物は現在も歌舞伎を題材と
したものが多く作られており、時代を超えて技法も伝承されている。
b0168536_1552553.jpg
b0168536_1562185.jpg
b0168536_1573317.jpg
b0168536_1581584.jpg
b0168536_1511995.jpg

by pompolona | 2016-01-20 15:30 | ティータイム | Comments(0)