人気ブログランキング |

<   2010年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

7月のフォト・・in 小湊鉄道

鉄道写真を撮ろう!in 小湊鉄道
「写真大好きブロガーさん ご招待フォトイベント」に参加してきました。千葉県の五井駅集合後バスで移動、小湊鉄道沿線の風景を撮影、午後は1人1台のプリンターを使っての印刷、一押しの1枚を額縁入りに仕上げるという “鉄ちゃん”垂涎のイベントでした。
移動するバスの中では鉄道写真家中井精也氏の虫の目線、葉っぱ前ボケ、大胆な露出補正、ホワイトバランスをカラーフィルター代わりに使うetc、具体的で分かり易いレクチャーがあり・・皆さん準備万端。 その後中井氏お薦めの絶好の撮影ポイントへ移動して緑一色の田園の中・・ メルヘンティックな赤い車体が往復するのをひたすら待ちました。この日は情け容赦ない炎天・・汗が噴きだしました。
b0168536_191892.jpg
b0168536_19241321.jpg

イベント終了後、普段は入れない機関庫も小湊鉄道中村さんのご案内で特別に撮影させていただきました。主催はEPSONさん・・メチャ暑かったけれど楽しい1日でした 。ありがとうございました。
b0168536_19253380.jpg
b0168536_19135240.jpg
★http://www.typepad.jp/t/trackback/311439/24754835

by pompolona | 2010-07-31 19:27 | 写真 | Comments(6)

世界最大の花・・ショクダイオオコンニャク

世界最大と呼ばれるインドネシア・スマトラ島原産のショクダイオオコンニャクの花が22日夕方、文京区の小石川植物園 (東京大学理学系研究科付属植物園)で開花した・・という公式HPの情報で23日(金)朝出掛けた。午前9時の開園前から数百人が列を作っている、先頭の人は午前6時半から並んだそうだ。 読みが浅かったぁ!(~o~) 最後列に辿り着いて時計を見ると9時20分・・汗が噴き出る。正門前の菓子店でようやく入園券を購入して入・・ 園内ではまた 幾重にも行列が出来ている。結局順番が来たのは11時27分だった。この日入園できたのはおよそ5千人、午後には入園券完売 「待っていただいても入園出来ません!」と拡声器で知らせていた。
b0168536_1549978.jpg

2010年7月23日付けの正式発表は、高さ156cm、直径77cm。 この花は受粉のためにハエなどの虫を誘う腐敗臭があるらしいが、この日は殆ど感じない(前日22日の夕方からの夜にかけての開き始めは、かなりの匂いがあったそうだ・・)寿命は基本的に2日間というから、既に枯れはじめているのかも・・
b0168536_1551216.jpg

開花は国内6例目、ここでは種をまいてから17年かかったのだそうだ。花びらのように広がったのは葉が変形した仏炎苞で、中央に高く伸びた付属体の根元に(見やすいように長四角に切り取られている)小さな花が多数ついている。地下にあるイモに栄養が貯蔵されて大きなものでは80kgにもなるとか。
b0168536_1605389.jpg

ロウソクを立てた燭台に見立てたこの花は一般的には世界最大となっているが、「世界一大きな花序」と言うのが正確らしい。 1個の花で「世界一大きな花」はスマトラ、ボルネオ南西部に生育する「ラフレシア・アーノルディ」と言う寄生植物だそうだ。
by pompolona | 2010-07-26 16:01 | ティータイム | Comments(6)

6月のフォト・・何となく浅草橋

 江戸通り沿いを中心とした浅草橋から蔵前にかけてのエリアは東京屈指の問屋街、人形、玩具、装飾品、衣類、 文具、貴金属、手芸用のパーツを扱った様々の問屋が 軒を並べている。一般客向けに小売りしている店も多くあるので、歩くだけでも楽しい。あちこちで足が止まるが街の雰囲気を楽しみながらぶらぶら・・1時間あればエリア内をかなり歩ける。
b0168536_20502584.jpg
b0168536_21145394.jpg
b0168536_20511334.jpg
b0168536_20514738.jpg
b0168536_20521869.jpg
b0168536_2052414.jpg

 
by pompolona | 2010-07-19 20:56 | 写真 | Comments(4)

南アフリカのお茶「ルイボスティー」

サッカーワールドカップ南アフリカ大会も日本時間12日未明のスペインオランダの決勝戦を最後に閉幕 なんだか寂しい気がする。3時半からテレビに釘付け、息詰まる熱戦は延長後半の11分スペインのイニエスタが決勝点を決めて1-0でスペインの初優勝!
友人と“追っかけ”をしているご近所のYさんは4戦目の日本-パラグアイ戦まで見届けて後 南アフリカから帰ってきました。テレビ観戦にも本場のブブゼラを鳴らしている筋金入りのサッカーファンいつも そっと鳴らしているので、遠慮しているのかなぁ!と思っていたら実は吹きこなすのは難しいのだそうで!中々音が出ないのだとか・・

お土産に南アフリカのハーブティーをいただいた。「美しい琥珀色に、ほのかな甘み・・・南アフリカ奇跡のお茶ルイボスティーをどうぞ!」と 飲み方のメモが添えられていた。
遠い国から旅してきた“ルイボスティー”ちょっと気になって調べてみた。ルイボスとは現地語で”赤い藪”という意味で、南アフリカ南部喜望峰の北西に広がるセダルバーグ山脈一帯でのみ採れる特殊なハーブティー、カルシュウム、マグネシュウム、マンガン、鉄分などのミネラルの他にもビタミンCの一種であるアルコビン酸を含み、ノウカフェイン低タンニンのお茶・・便通、ダイエット、アトピー、美肌、シミを薄くしたりの効果が有り、現地ではルイボスの奇跡といわれ古くから愛飲されているとある。

ティーバッグは紅茶と同様に熱いお湯を注ぎ、ミルクや砂糖、蜂蜜などを入れても美味しい。夏は水1.8リットルにティーバッグ1~3袋を入れ煮出した後 粗熱を取って冷蔵庫で冷やして飲む。冷やして飲んでみた。かすかな甘みがあって、のど越しは爽やかだ、ハーブティー独特のくせは殆どない・・この夏はこれで行こうっと!
b0168536_19201256.jpg

by pompolona | 2010-07-12 23:18 | ティータイム | Comments(6)