人気ブログランキング |

<   2009年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

センチュリープラント

日本名は「アオノリュウゼツラン」、漢字で書くと 「龍舌蘭」、この花を見た事ありますか?英語名は100年に1度咲く花という意味をこめて「センチュリープラント」と呼ばれています。原産はメキシコで日本には江戸時代に渡来したといわれています。
葉の長さが約2メートル、先端に棘があるアロエのような肉厚のこの葉を竜の舌に見立てたのでしょうか。原産地ではこの葉の繊維でロープや布を、茎からはテキーラ酒を作るのだそうです。
b0168536_22102597.jpg
いつ咲くかは分からない。ある日突然花茎が天に向かって全長約6~8メートル程に伸び始め開花。太い茎から伸びた枝の先に黄色い花が密集して咲き、束の間の高揚期を過ごした後枯れてしまう・・というドラマテックな一生です。
b0168536_2273481.jpg
 
この花を始めて見たのは 2003年8月・・
東京都の浜離宮恩賜庭園で "1948年に植えてから55年目の今年(2003年)この花がとうとう開花した"・・と言う新聞記事を見つけてこのチャンスを逃せば、もう私の人生で見ることはないかも?・・とコンデジ片手に翌朝一番に駆けつけました。皆さん考えることは同じと見えてもう沢山の人が、ハチが乱舞している黄色い花を見上げていました。
b0168536_2246173.jpg
2度目に見たのは 2007年7月・・
スペイン・トレドの街の橋の際の土手沿いに咲いていました。ガイドの話では,はっきりしたことは分からないが40~50年は経っているだろう・・ということでした。やはりこの地でも一生に一度だけ、枯れる前に咲く花として話題になっていたようです。  
b0168536_23272136.jpg
3度目に見たのは 2008年7月・・  
武蔵野市の井の頭自然文化園の象のはな子の動物舎の隣の熱帯鳥温室の入り口にある植え込みの中に咲いてました。5月から突然花茎がスルスル(1日に9センチ近く・・)と伸びはじめ7月には6~7mの大きさに, 正確な記録はないが植えてから50年以上は経つであろうとのことでした。
b0168536_2234628.jpg
  

by pompolona | 2009-04-24 22:22 | ティータイム | Comments(2)

KCCファーマーズ・マーケット

場所はダイヤモンドヘッドの麓、通称はKCCと呼ばれるカピオラニ・コミュニティ・カレッジの駐車場で、毎週土曜日だけ7時半から開催されているファーマーズ・マーケットに早起きして行ってみました。
b0168536_634538.jpg

オアフ島のあちこちで開催されるファーマーズ・マーケットはハワイで採れる新鮮な野菜や果物が並ぶ朝市で、中でも最大規模といわれるこのKCCファーマーズ・マーケットは地元の人はもとより観光客にも人気のスポットとガイドブックに紹介されていました。
b0168536_594568.jpg

会場にはたくさんのテントが張られ、フルーツや野菜、トロピカルフラワー、ジャム、蜂蜜、牧場からやってきたお肉屋さん・・と並び、オムレツのプレートランチや、淹れたてのコナコーヒー、パン屋さんもありショッピングだけでなく、食べ歩き気分も楽しめます。
b0168536_555206.jpg

 
地元の人は7時前から来ているようで、人気のお店には早くも行列ができていました。ここの名物の一つがフライド・グリーン・トマトだったのです・・ジンジャーエールも評判だというので行列に並びました。あまり炭酸を感じさせない爽やかな甘さでスキッと目が覚めましたぁ!
b0168536_6254171.jpg

地元の人たちに混じっての買い物は、ここに暮らしているような生活気分に浸れますし、日本では見かけない物ばかり、見るもの聞くものものめずらしくジンジャーエールを飲みながらイベント気分で歩いているうちにあっという間に時間が過ぎてしまいました。
b0168536_6255454.jpg

ここはメード・イン・ハワイの物でないと出店できないそうで、トロピカルフルーツのジャムとドライフルーツをお土産に買いました。9時ごろにはぼちぼち店じまいがはじまって、9時半ごろには半分くらいになってしまい、11時には終了してしまいます。朝食抜きで早めに出掛けるのがお薦めです。
by pompolona | 2009-04-11 06:40 | 旅行・・海外 | Comments(4)

フライド・グリーン・トマト

映画「フライド・グリーン・トマト」を覚えていらっしゃいますか。

★製作年 :1991年、製作 :米、監督:ジョン・アヴネット   
  原題 :Fried Green Tomatoes
  キャシイ・ベイツ メアリー・スチュアート・マスターソン
  メアリー・ルイズ・パーカー ジェシカ・タンディ
  原作:ファニー・フラッグの小説
  『Fried Green Tomatoes at the Whistle Stop Cafe』。

20~50年代のアラバマ州でフライド・グリーン・トマトを名物料理にして賑わうカフェを切り盛りする2人の女性をめぐる出来事を現代のジョージア州の老人ホームで老女が中年女性に回想して聞かせるという形で、世代を超えた女性の友情をミステリー風に描いた物語。この”ホイッスル・ストップ・カフェ”の名物料理のフライド・グリーン・トマトって どういうものかしらん!と、ずっと思い描いていましたが今年の1月ハワイで毎週土曜日に開催される「KCCァーマーズマーケット」で見つけました。
b0168536_14413265.jpg

行列が出来る人気のお店です。グリーントマトとマウイオニオンかズッキーニを好みで選べます。これにバジルのソースがついて6ドルでした。恐る恐る口にした熱々のトマトは見た目よりずっとサクサクと軽く揚がっていて、ほのかな酸味と苦味が程よく口の中で溶け合い・・思いのほか美味しいものでした。
b0168536_14452816.jpg
  
グリーントマトは収穫前に間引きされる 熟す前のトマトでアメリカ南部の黒人奴隷が口にすることができる野菜の一つだったとか・・
b0168536_14502933.jpg

★作り方
トウモロコシ粉・・1カップ   小麦粉・・1/2カップ  
砂糖・・大さじ1、 塩、黒、胡椒・・適量

以上を混ぜて1㎝ほどにスライスしたグリーントマトの両面にしっかりまぶしてフライパンに油を入れ 中火で熱して片方づつ揚げ焼にする。サクサクと軽いのはトウモロコシの粉を混ぜるから。   

by pompolona | 2009-04-01 21:04 | 映画 | Comments(0)