人気ブログランキング |

2012年 09月 28日 ( 1 )

WEST SIDE STORY

先日東京国際フォーラムで上映されたシネマティック・フルオーケストラ・コンサート「WEST SIDE STORY」についてブログの会のお仲間Cさんが素敵な感想をUPされていました。実は私もこのコンサートに行っていたのです。私もあの時の興奮をメモしておこうと・・
b0168536_11232499.jpg
「ウエストサイド物語」は1961年に映画化され、日本ではこの年の冬から公開、1963年5月まで1年4ヶ月の超ロングランとなった。アカデミー賞の作品賞や音楽賞など10部門を受賞するなどミュージカル映画として画期的な記録を生み出した。
上映50周年を記念して昨年豪華プロジェクトがスタート。同作をデジタル・リマスターしてスクリーン上映。台詞や歌はオリジナルのまま音源を残し音楽の部分だけを生のフルオーケストラで演奏する。つまり映画を“観て,聴く”という世界初の試み、昨年7月のロサンゼルスを皮きりに世界各地で成功をおさめ、今年9月に日本にも上陸、日本公演の指揮はバーンスタインの最後の弟子佐渡裕氏管弦楽は東京フィルハーモニー交響楽団・・これは期待しないわけにはいきませんよね。
b0168536_11244454.jpg
会場は正面に大スクリーン、その左右に小スクリーンその下に東京フィルのフルオーケストラ・・と言う設え。ライオンが咆哮するあのMGM映画のトレードマークさえも無性に懐かしい。大都会ニューヨークを見下ろすショットどこからともなく口笛とあの“指鳴らし”が聞こえてくる。カメラがおりたところは
下町のウエスト・サイド・・ジョージ・チャキリスもナタリー・ウッドもリチャード・ベイマーもあの時のまま・・若い!生演奏の圧倒的迫力のもとにあの鮮烈な踊りと音楽がたたみ掛けてくる。すぐにスクリーンに惹きこまれてあとは夢の中・・休憩タイム トイレに並んでいた私に同年輩のご婦人が話しかけてくる・・「私はベイマーが好きだったんです、8回みましたぁ!」過ぎ去りし青春の日々に思いを馳せ胸キュンとなった時間でした。


by pompolona | 2012-09-28 01:00 | 映画 | Comments(4)