人気ブログランキング |

ドイツのクリスマスマーケット

ドイツのクリスマスマーケットを訪ねるのは2回目、6年前に世界最古と言われるドレスデンのマーケットを訪ねて以来だが、今回は誘ってくれた友人の選んだコースで ヴュルツベルク、ニュルンベルク、マインツ、フランクフルトの4つのマーケットを訪ねた。

★アドヴェント・クランツ(待降節)
12月25日のクリスマスのクライマックスに向かう4週間の準備期間のこと・・テーブルの上に4本の赤いローソクを飾り、クリスマス前の4週目の日曜日から日曜日が来る毎に1本づつロウソクに灯を灯してゆき最後の1本はクリスマスの日に灯す。この待降節に入ると各地でクリスマス市が開かれるこれは12月3日宿泊したフランクフルトのホテルのフロントの飾り・・点火済みのロウソクはまだ1本のみ・・
b0168536_15471468.jpg
★ヴュルツブルク
ロマンティック街道の起点である。マーケット市へ続くアリテ・マイン橋から見るマイン河はるかに丘に建つ雪のマリエンベルク要塞はヴューポイント。規模が小さいのですぐ一回りできる。独特の形のボトルで知られるフランケンワインはここの名産、お土産の一つはこれにきめる。

★ニュルンベルク
規模と華やかさで世界一と言われるこのマーケットは17世紀から続く歴史あるもの、週末には世界各地からの観光客で賑わう。聖母教会前のマルクト広場には名物のレーブクーヘン(クッキー)ソーセージを売る屋台がずらり、可愛いクリスマスグッズで彩られる。

★マインツ
フランクフルトから車で約30分、200年の伝統を誇るマーケット聖マルティン大聖堂の建つマルクト広場にはイルミネーションの美しい 屋台が軒を連ねる。高さ11mのクリスマスピラミッドが印象的。

★フランクフルト
レーマーベルク、パウルス広場、マイン河畔などあちこちで開かれ巨大なクリスマスツリーがキラキラと輝き国際都市ならでは賑わい・・ドイツで最も古く最も美しいマーケットと言われる。

★グリューワイン
クリスマスマーケットで一番楽しみにしていたのは、クリスマスの
風物詩グリューワイン(赤ワインに香辛料、オレンジの皮、砂糖を
入れた熱々のホットワイン)、寒い戸外で冷えた体を芯から温めて
くれる。代金にはカップ代も含まれていて返却すればデポジット金
が戻ってくるがその年の年号とマーケット名が入っていて場所によ
って図柄も違うので記念に持ち帰る。
b0168536_14431759.jpg
★グリューワインの作り方 4人前
 赤ワイン・・・・600㏄  砂糖・・・・60g
 ローリエ・・・・2個   シナモンステイック・・1本 
 オレンジスライス and レモンスライス 適当

 全部入れて沸騰しないように温めれば出来上がり、漉して飲む。
 ワインは赤 できれば辛口でお安いもので良いそうだ。
 その他にスターアニス(八角)、グローブ(丁子)、カルダモン
 とか入れるレシピもあるようだ。
 先日輸入品雑貨のお店で、グリューワイン用の香辛料がパック状
 になっているものを見つけた。
 赤ワインにパックを入れ、砂糖、柑橘類を加えて温めれば出来上
 がりなのでこれは手軽に楽しめる。

by pompolona | 2010-12-24 19:08 | 旅行・・海外 | Comments(0)
<< 12月のフォト・・ドイツ 冬の旅 1 11月のフォト・・中尊寺~角館... >>